スポンサーサイト 

▼記事・最下部へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックマーク:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | ▲TOP

第7回 伴奏パターン1 ~両手で弾いてみよう~ 

▼記事・最下部へ
簡単にできる!ピアノ弾き語り講座

第7回 伴奏パターン1 ~両手で弾いてみよう~



余裕ができたら、両手で弾いてみましょう。
「左手でベース音・右手でコード」

左手は、伴奏においてかなり重要だと思います。
左手をどう使うかで曲の雰囲気がかなり変わってきますよ^^

左手の基本は、コードのルート音を単音で弾くのが基本です。
または5度の音などです。


■左手の基本は、
コード進行が変わる時に、右手「コード」の「ルート音」を左手で押さえます。

「ルート音」とは、コードの一番低い音をルート音(根音)またはベース音と言います 。

つまり、楽器のベースと同じです。
バンドの中で使うベースは、低音楽器なので、
これをピアノでは音が低い左手で弾くと同じような効果がでるわけです。

例えば、Cコードなら「ド・ミ・ソ」の「ド」がルート音になります。
このルート音を左手で弾き、右手でコードを弾きます。

左手の伴奏パターンは、記事の下のFLASH動画を参考にしてください。

図はCコードの例です。
●左手ルート音を「単音」 右手コード
左手の人差し指でルート音を弾いてみてください。
慣れたら下の左手オクターブも試してみましょう。



●左手ルート音を「オクターブ」 右手コード
オクターブは、ドレミファソラシで1オクターブです。
度数で言うと「1度」と「8度」
簡単に言うと下の「ド」と上の「ド」です^^

 


 


下のFLASH動画でイメージをつかんでくださいね^^

パターン(1)の左手は、1拍目から次のコードまで伸ばします。
パターン(2)の左手は、1拍目と2拍目の裏です。
パターン(3)は、右手、左手を交互に弾いてます。

また、4/4拍子の1小節を8回刻むと8ビートになります。

 

最初は「右手」だけでも十分ですので、
「右手」だけで好きな曲をどんどん弾いてみましょう^^
第8回 伴奏パターン ~左手ルート+5度~

スポンサーサイト

ブックマーク:

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽


[ 2009/03/30 16:13 ] ピアノ弾き語り講座 | TB(0) | CM(1) | ▲TOP

第6回 コードの転回 

▼記事・最下部へ
簡単にできる!ピアノ弾き語り講座

第6回 コードの転回



●コードの転回とは、コードの構成音を並び替えることです。
 また、ボイシングと言います。

転回する目的は、

・転回をすることで、コード進行がスムーズにできる。

・コード進行で構成音の配置を工夫することで音の繋がりがなめらかになります。

・コードの構成音の一番高い音(トップノート)、内声音(コードの真ん中の音)を、工夫したりします。

 




ブックマーク:

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽


[ 2009/03/18 14:06 ] ピアノ弾き語り講座 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP

第5回 コードの覚え方 その2 ~メジャーとマイナーの違い~ 

▼記事・最下部へ
簡単にできる!ピアノ弾き語り講座

第5回 ●コードの覚え方 その2 ~メジャーとマイナーの違い ~



メジャーとマイナーの覚え方



ブックマーク:

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽


[ 2009/03/13 23:02 ] ピアノ弾き語り講座 | TB(0) | CM(1) | ▲TOP

第4回 コードの種類 

▼記事・最下部へ
簡単にできる!ピアノ弾き語り講座

第4回 コードの種類


コードには、「メジャー」と「マイナー」があります。

メジャーコードは、明るい響き
マイナーコードは、暗い響き

あとdim・aug・セブンス・SUS4・add9などありますが、
とりあえずメジャーとマイナーを覚えればある程度弾けるようになれます。

もし、コードに迷ったら一番左のアルファベットを見て、
メジャーかマイナーに注意して簡単にして弾いてみましょう。


ブックマーク:

テーマ : 音楽 - ジャンル : 音楽


[ 2009/03/12 21:29 ] ピアノ弾き語り講座 | TB(0) | CM(2) | ▲TOP

第3回 コードの覚え方 その1 「1・3・5の形」を覚える 

▼記事・最下部へ
簡単にできる!ピアノ弾き語り講座

第3回 ●コードの覚え方 その1 「1・3・5の形」を覚える


コードの種類は、100種類以上ありますが、
法則を覚えれば簡単です。

コードの覚え方は、
(1)コードの仕組みを理解する(第2回 コードとは」で簡単に説明しています。)

(2)まずメジャーとマイナーを覚える←これだけでも、たいていの曲を弾けるようになれます。

あとは、応用になると思います。
コードの仕組みを理解しておくとコードを覚える時に
役に立ちます。

好きな曲をたくさんコピーしていくうちに自然と覚えます。

 


ブックマーク:

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽


[ 2009/03/11 17:58 ] ピアノ弾き語り講座 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP

第2回 コードとは 

▼記事・最下部へ
簡単にできる!ピアノ弾き語り講座
音楽・ピアノやギターなどに出てくるコードとは

第2回 コードとは


・コードって何?
・コードネームって何?
・コードの仕組み




ブックマーク:

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽


[ 2009/03/06 17:43 ] ピアノ弾き語り講座 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP

第1回 ピアノ コードの弾き方 

▼記事・最下部へ
簡単にできる!
ピアノ弾き語り(コード弾き)講座


第1回 ピアノ コードの弾き方



ピアノやギターでコードを弾きながら
自分で歌うことを弾き語りと言います。

伴奏はコードを弾きながら
メロディは自分で歌うというスタイルです。


ですので、楽譜が読めなくても出来るのです。
弾き語りならメロディを単音で弾かなくてすむので、
比較的すぐ弾けるようになれます。
早ければその日に弾けちゃいます^^

また、始める年齢はまったく関係ありません。
あと音楽の難しい理論は後回しです。
最初はぎこちなくても、まず弾くことが大切です。
理論から入ると挫折してしまうので・・・
覚えることは、コードを覚えるだけです。
メロディは、自分が好きな曲なら覚えていると思いますで^^

●ちょっと気持ちが楽になるエピソードをひとつ●

実際、あのビートルズですら楽譜は読めなかったそうです。
メンバーのポール・マッカートニー本人のコメントで
「僕は楽譜の読み書きが出来ない」と言ってます。
コードも最初は3つくらいしか知らなかったそうです。


例えば「Bコード」を知ってる人がいたら、その人の家に行って
教えてもらったりしたそうです。


作曲した曲をメンバーに伝える時は、楽譜ではなくて実際、弾きながらコードで伝えてたそうです。
ですので、コードを覚えれば作曲も出来るということですね。



遊び感覚で始めるなら安い電子ピアノ(キーボード)で十分です。
出来れば鍵盤数は61あった方がいいと思います。

この記事の最後に、歌詞・コード譜が載っているオススメ!サイトを載せておきますね^^

では、早速はじめましょう。
●まず右手から始めましょう♪


ブックマーク:

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽


[ 2009/03/05 07:02 ] ピアノ弾き語り講座 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP

▼コメント投稿へ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。