スポンサーサイト 

▼記事・最下部へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックマーク:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | ▲TOP

作曲フリーソフト Music Studio Producerの使い方:後編  

▼記事・最下部へ

作曲フリーソフト
MSPの使い方:後編(Music Studio Producer)


作曲フリーソフト Music Studio Producerの使い方:前編
作曲フリーソフト Music Studio Producerの使い方:オーディオ編

パート別に打ち込んでみましょう。
ここでは、ドラム、ベースにしています。

スポンサーサイト

ブックマーク:

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽


作曲フリーソフト Music Studio Producerの使い方:前編 

▼記事・最下部へ
作曲フリーソフト
MSPの使い方:前編(Music Studio Producer)


作曲フリーソフト Music Studio Producerの使い方:後編
作曲フリーソフト Music Studio Producerの使い方:オーディオ編

無料で使える作曲ソフトの定番♪
フリーソフトとは思えない
市販並みの高機能でかなり優秀なフリーソフトです。(作者に感謝)

Windows XPでの使用方法を説明します。

このソフトがあれば、音楽CD製作まで出来ます^^
このMusic Studio Producerのソフトの特徴は、

●MIDIデータの打ち込み

●自分で演奏したピアノやギター、ボーカルなどの録音

●VSTプラグイン対応 音源、エフェクトを追加できます。
 いくつかは標準で付いています。
 またVSTはフリーソフトも多数あり世界中で入手できます。


 高額のものを買わなくても、まず入口としてフリーソフトで
始めてみましょう。

音源がWin内蔵音源だけなら
いくら高額の作曲ソフト(DAW)を買っても音は同じです。

最初はWin内蔵音源だけでも
VSTプラグインを追加すれば十分だと思います。
高額の物を買うのは、慣れてきて物足りなくなってきて
からでも遅くないと思います。

もし物足りなくなったとしても、
いきなり高額なDAWソフトだけを単体で買うよりも
YMAHAやローランド、その他メーカー製品でオーディオインターフェィスや
MIDIキーボードなどを買うと有名なCUBASEやSONARのLE版がバンドル
されていますので、個人的にはこちらがお勧めです。
そこそこ本格的にする場合、いずれは上記の製品が必要になると思うからです。

まずは、フリーソフトで色々試してみましょう^^


ブックマーク:

テーマ : 音楽のある生活 - ジャンル : 音楽


第10回 伴奏パターン4 ~アルペジオ~ 

▼記事・最下部へ
簡単にできる!ピアノ弾き語り講座

第10回 伴奏パターン4 ~アルペジオ~


アルペジオ(分散和音)とは、
コードの構成音を1音ずつ分散して弾くスタイルです。

バラードの曲をイメージするとわかりやすいと思います。
バラード以外のテンポの速い曲でも使われています。

アルペジオは、
構成音であれば、決まりはなく弾く順番は自由です。
今回は、わかりやくする為に、
Cコードなら「ドミソ」と弾いていますが、
「ドミソ」
「ミソド」
「ソドミ」
と好きなように自由に弾いて見ましょう!

曲を、より美しく奏でるアルペジオを練習してくださいね^^

●アルペジオ

アルファベットは、「ドレミファソラシ」を表しています。
ファ



ブックマーク:

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽


[ 2009/04/08 20:20 ] ピアノ弾き語り講座 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP

第9回 伴奏パターン3 ~左手・右手コード~  

▼記事・最下部へ
簡単にできる!ピアノ弾き語り講座

第9回 伴奏パターン3 ~左手・右手コード~



今回は、両手でコード弾いてみましょう。
この伴奏ができると、
ビートルズの「Ob-La-Di, Ob-La-Da(オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ)」が弾けます。
Ob-La-Di, Ob-La-Da 無料 歌詞・コード譜はこちら

コード進行は違いますが、「大きな古時計」で練習してみましょう♪

アルファベットは、「ドレミファソラシ」を表しています。
ファ

ブックマーク:

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽


[ 2009/04/05 16:27 ] ピアノ弾き語り講座 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP

第8回 伴奏パターン2 ~左手ルート+5度~ 

▼記事・最下部へ
簡単にできる!ピアノ弾き語り講座

第8回 伴奏パターン2 ~左手ルート+5度~


前回、第7回 両手で弾いてみよう
で、左手(ルート音)・右手(コード)で伴奏パターン3つをしました。

今回は、左手(ルート音+5度)・右手(コード)で弾いてみましょう。

Cコードの場合



伴奏パターンは、前回のパターン②と同じです。
今回は、2拍目の裏に5度の音を弾いています。


アルファベットは、「ドレミファソラシ」を表しています。
ファ



ブックマーク:

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽


[ 2009/04/03 18:00 ] ピアノ弾き語り講座 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP

▼コメント投稿へ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。