スポンサーサイト 

▼記事・最下部へ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックマーク:


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | ▲TOP

第1回 ピアノ コードの弾き方 

▼記事・最下部へ
簡単にできる!
ピアノ弾き語り(コード弾き)講座


第1回 ピアノ コードの弾き方



ピアノやギターでコードを弾きながら
自分で歌うことを弾き語りと言います。

伴奏はコードを弾きながら
メロディは自分で歌うというスタイルです。


ですので、楽譜が読めなくても出来るのです。
弾き語りならメロディを単音で弾かなくてすむので、
比較的すぐ弾けるようになれます。
早ければその日に弾けちゃいます^^

また、始める年齢はまったく関係ありません。
あと音楽の難しい理論は後回しです。
最初はぎこちなくても、まず弾くことが大切です。
理論から入ると挫折してしまうので・・・
覚えることは、コードを覚えるだけです。
メロディは、自分が好きな曲なら覚えていると思いますで^^

●ちょっと気持ちが楽になるエピソードをひとつ●

実際、あのビートルズですら楽譜は読めなかったそうです。
メンバーのポール・マッカートニー本人のコメントで
「僕は楽譜の読み書きが出来ない」と言ってます。
コードも最初は3つくらいしか知らなかったそうです。


例えば「Bコード」を知ってる人がいたら、その人の家に行って
教えてもらったりしたそうです。


作曲した曲をメンバーに伝える時は、楽譜ではなくて実際、弾きながらコードで伝えてたそうです。
ですので、コードを覚えれば作曲も出来るということですね。



遊び感覚で始めるなら安い電子ピアノ(キーボード)で十分です。
出来れば鍵盤数は61あった方がいいと思います。

この記事の最後に、歌詞・コード譜が載っているオススメ!サイトを載せておきますね^^

では、早速はじめましょう。
●まず右手から始めましょう♪


「大きな古時計」の最初の部分だけ弾いてみましょう。

これは1874年に作られた曲ですが
今でも平井堅のカバー曲でもおなじみですね。

この曲に出てくるコード進行は、ビートルズの名曲「Let It Be(レット・イット・ビー)」とほとんど同じです。
なので「Let It Be」もすぐ弾けちゃいます^^
LetIt Beのコード譜はこちら


「大きな古時計」
図のように「右手」で鍵盤を押さえます。

Cコードなら、「ド・ミ・ソ」を同時に弾きます。
「ド」・「ミ」・「ソ」の音が重なった
いわゆる和音を弾くということですね。

ちなみに、コードはギターでもピアノでも同じです。
(※コードの意味ついては第2回でお話しします。)

では、始めましょう!
「大きな古時計」
CGAm FCGC
大きなのっぽの古時計おじいさんの時

コードを繋げて弾くことをコード進行と言います。
コード進行は、C→G→Am→F→C→G→Cです。

このコードを2回ずつ弾きます。

Cコード(ド・ミ・ソ)2回

「大きな」

Gコード(ソ・シ・レ)2回

「のっぽの」

Amコード(ラ・ド・ミ)2回

「古時け」

Fコード(ファ・ラ・ド)2回

「い おじ」

Cコード(ド・ミ・ソ)2回

「いさん」

Gコード(ソ・シ・レ)2回

「の時け」

Cコード(ド・ミ・ソ)1回

「い~」


鼻歌でもいいので声に出して歌いながら弾いた方がわかりやすいと思います。
頭の中で歌いながら弾くと慣れるまで違和感があるかも・・・。


●ポップスによくあるパターンについて
ポップス系の曲のほどんどは、4/4拍子で出来ています。
なかには変拍子と言って4/4拍子の曲の中に2/4や3/4が含まれる曲もあります。

また1小節に出てくるコードは、曲により異なりますが1つか2つ程度です。
多くても4つです。


「大きな古時計」の場合1小節にコードが1つ~2つ出てくるパターンです。
※「Let It Be」の場合は、最後の4小節目がコード3つになります。

1小節目2小節目3小節目4小節目
C            GAm      F    C            GC
↑コード2個↑コード2個↑コード2個↑コード1個

 


先程、お話したビートルズの「Let It Be」も基本この4つのコードで弾けます。
この記事の↓の「Let It Be」のピアノ動画も参考にしてくださいね^^


Flash Playerをダウンロード

動画と音声の再生には、Flash Playerが必要です。
Adobe Flash Playerは無料でご利用できます。

 

弾き語りの場合、メロディは自分で歌いますので「メロディ+コード」は参考までに^^
なお、演奏するなら「ソロピアノ」という「メロディ+コード」というのもあります。


まぁ~こんな感じです^^;

この例では2回ずつ、最後1回で弾いてますが、
曲によっては4回弾いたり
曲のリズムに合わせて弾くといいと思います。

余裕が出来たら、左手も練習してみてください^^
第7回 伴奏パターン1 ~両手で弾いてみよう~をご覧下さい^^

------------------------------------------------------------------
■下記のサイトで自分の好きな曲を探してみましょう!
  もちろん無料です。
------------------------------------------------------------------
●邦楽
J-POP系の歌詞とコードがほとんど揃っています。
無料歌詞検索(コード譜とダイヤグラムを表示!)-J-Total Music

●洋楽
ultimate Guitar.com

guitartabs.cc

海外バンド、洋楽ギターコード


●ピアノコード検索サイト
コードがわからない時は、下のサイトで調べてみましょう。
ピアノコードClip 和音を調べる
------------------------------------------------------------------
(1)Let It Be 無料 歌詞・コード譜はこちら
(2)Let It Be 無料 歌詞・コード譜はこちら

●ビートルズの「Let It Be(レット・イット・ビー)」レッスン動画です^^
 英語ですが、丁寧に説明してくれてますので、すぐわかると思います。

ホワイトボードに、アルファベットが書いていますが、
これは「ドレミファソラシ」のことです。
アルファベットは、ドレミファソラシを表しています。

ファ

「R」は右手、「L」は左手を表しています。



次回は「コードとは」です。 では、^^ノシ
2.コードとは (簡単にできる!ピアノ弾き語り)



ブックマーク:

テーマ : ピアノ - ジャンル : 音楽


[ 2009/03/05 07:02 ] ピアノ弾き語り講座 | TB(0) | CM(0) | ▲TOP

▼コメント投稿へ


コメントの投稿 | ▲記事TOP | ▲コメントTOP |











管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://sittokunet.blog33.fc2.com/tb.php/30-b45f62dd







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。